2020年08月07日

一点と思っていたら三点。


moriyama_1.jpg

名古屋市守山区は区政50周年を迎える、ポスターの依頼が来た。市で2番目に広い面積があり森林公園やみどりの多い風景、地名では白沢渓谷と呼ばれるところがある、古墳群が広く点在する。何と言ってもビジュアルは緑だろう、未来に向かう人物像と木の葉をデザインした。小さいB2ポスターで形で勝負するしか無いと考えた結果です「考える人」が走り出したようにもみえる。
D, P: Shunyo Yamauch / 515x728 / Offset Print / 2012


moriyama_2.jpg

思いも寄らぬことが起きた、2作目を作るように依頼が来た。最初のプランには入っていた、未来を預かるこどものプランの提案を進めていった。共通のシンボルは木の葉でうまくデザインできた。シリーズ化を期待するがそれを考えることは無く一期一会の思いがある。
D, P: Shunyo Yamauch / 515x728 / Offset Print / 2012


moriyama_3.jpg

驚いた大変だ3作目の依頼が来た、考えていた中にはそれに当たるものは全くなかった。50周年イベントの実施のお祭り状態は区民全員のビジュアルにした、シリーズ化のつじつまも合いました、困ったときに頭をよぎる問題___大阪まで開通した新幹線のコピーはひかりは西へだがその先まで開通したらコピーは何か。冊子に某社の入社試験が載っていた___ボクはいまだに浮かばない。
D, P: Shunyo Yamauch / 515x728 / Offset Print / 2012


posted by 山内瞬葉デザイン室 at 14:46| Comment(0) | 広報ポスター